30代になると体がだるい!

   

30代半ばになって、体がだるく、やる気が起こらないことが多くなりました。

何事にも積極的になれず、10代、20代の頃のようにキビキビと動けません。

朝も目覚ましが鳴ってすぐに起きられず、布団の中で「起きなければいけない」と「起きたくない、だるい」という気持ちと10分程度葛藤してからようやく起きています。

起きてからもやはりしゃきっとせず、キビキビ動けないので朝の家事仕事がはかどらず、毎日のことなのに家族を送り出したり自分が家を出る時間が近くなるとばたばたしてしまいます。

特に生理前にはそれがひどくて、しなければいけないことがあるのをわかっていても体が動かず、一回横になると立ち上がるだけでもとても力が要る感じです。

さらにこの生理前・生理中にはイライラが加わるので大変です。




つらい生理にはムーンラック

家族に当たらないように、迷惑かけないようにとは心がけているのですが、だるい、きついがピークの時など特に、家族のちょっとした頼み事やわがままを受け入れられずにイライラした対応をしてしまったりして毎回反省しています。

生理中はめまいもひどく、急に動くと倒れそうになることもあるので普段以上に動きが鈍くなってしまいます。

生理中の2日目、3日目は頭痛や腹痛を併発することも多く、その時にはさらに体を動かしてなにかをするのが辛いです。

もう一つ悩んでいることがここ数年で病気にかかりやすくなったことです。

以前はほとんど病気をしない体質だったのですが、子どもや夫から病気をもらったり、毎年インフルエンザにかかったり、今までになかったような中耳炎や膀胱炎になったりと急に病院通いが増えました。しかも一回かかると治りが非常に悪いので困っています。

美容面でも、若い頃からあったそばかすが濃くなってきたことや小じわが増えてきたこと、今までと同じスキンケアをしているはずなのに以前より肌が乾燥しているように感じることなどが悩みです。

特に生理前など肌が荒れやすく、一度荒れるとしばらく治らないので困ります。



 - 未分類

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。